理不尽上司に言いたいことが言えるようになるための対人距離の測り方

良好なコミュニケーションのキモは「程よい距離感」です。人と人との境界線を明確にして心穏やかに。内気な人のためのコミュニケーション術。

なわばり

「土地」は住人の心を如実に表している

2016/12/21

こんにちは。
「対人距離の専門家」・平田真義です。
今回は土地のスペース、余白、なわばりに目を向けると、自分の「心」がなぜか穏やかになる、そんなお話をお伝えいたします。

敷地に物があふれている現場は測量技師泣かせ...

土地測量を行っていると、
なんで敷地上に「物置」を3つも4つも置いているのかな?
と思ってしまう案件が結構あります。

「物置」って、測量技師泣かせです...
測量機器である望遠鏡で覗く際、視通が取れないので、邪魔だなぁ、と感じるときがあります。
まぁ、これは個人的な意見であり、単なるわがままでもあるんですけどね(^_^;)

でもでも...

物置が1つなら全然良いと思いますが、
3つも4つも敷地上に建ててしまう方は、
是非「土地」に意識を向けて頂きたいと思うワケなんです。

土地は住人の心を反映している

敷地に廃品などの物があふれていたり
敷地に物置が何個も設置されていたり
建て増しなどで増築したり...

土地のスペースが減ってしまうのが、すごくもったいないんですね。
あえて「窮屈」になってしまう行為だと思うのです。
物理的にも精神的にも...
快適な「なわばり」を狭くしてしまう行為だと...

これは僕の持論ですが、 「土地」とその「住人の心」って似ているなぁ、と思うのです。

例えば
穏やかな庭がある土地には、穏やかな人が住んでいます。
逆に
庭が攻撃的な印象を与える空間ですと、攻撃的で落ち着きのない人が住んでいます。

土地のスペースがないということは、
心にも余裕がないということになります。

そういった土地所有者さんの特徴は
・せっかち
・寂しがり屋
・攻撃的
・落ち着きがない
・将来が不安
・過去に執着

といった様なカンジの方が多い印象を受けます。

もっと簡単に言うと
片付けが苦手な人なんですね。

物置って収納スペースです。
モノが溢れるから必要に迫られ物置を建ててしまう。

物置を設置したけど、1つじゃ足りないから
また設置してしまう...

その繰り返し...

結局、どんどんモノだけが増えて行ってしまうんですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

逆に言うと、土地を整えることで住人の心も整ってきます。

この際、思い切って敷地上にある「物置」を処分してみませんか?
物置の中にある物って、未使用品が多くありませんか?
「なぜこのようなモノを買ってしまったんだろう?」
と自分と向き合いながら処分していくと、「不安」や「執着」を手放すことが出来ますよ。

土地に「余白」ができると
心にも「余裕」ができます。

そうすることで、快適な対人距離の測量、健全な心のなわばりが強固なものになるんです。

 

無料メールマガジン

 

5日間無料メールマガジン
【測量技師が教える、「苦手な人」「ムカつく人」との距離の取り方 】



 

-なわばり