なわばり

住んでいる「土地」に目を向け、自分の「なわばり」を意識してみる

投稿日:2016年12月11日 更新日:

こんにちは。
「対人距離の専門家」・平田真義です。
今回は、土地にも目を向けて、良好な「なわばり感覚」身に付けよう、をというお話です。

「建物」には興味あるけど、「土地」には興味ない!?

不動産は「土地」と「建物」に大別できます。
みんなが好きなのは「建物」です。
実際にくつろげる空間であり、家族とのコミュニケーションをとる大切な場所です。
素敵なインテリアに囲まれたスペースである建物に人は興味を示します。

では、「土地」はどうなのか?
土地に興味がない人が多いのは事実です。

あなたの住んでいる土地の形状、頭に描けますか?

以前行ったセミナーで、こういう質問をしてみたことがあります。
「あなたの住んでいる土地の形状、頭に描けますか?」

その結果、8割以上のかたが「描けない」に挙手されていました。
やはり土地に興味がないのかな、と感じました。

それはなぜか?
「建物」が「肉」とすると「土地」は「骨」であります。

人はみな「肉」が好きなんですね。
しかし、「骨」がないと「肉」がつけられない。

不動産も然り。
土地がないと建物が建たない。
非常に重要な基盤です。

土地を敬う気持ちが、良好な「距離感」「なわばり意識」につながる

それと建物は人間がつくった不動産です。
しかし、土地は古来から継承されてきた不動産です。

歴史があります。
大切に使用させて頂いている敬う気持ちが大切だと感じています。

土地には住人の性格が表れます。
自分のテリトリーに目を向けて、自分の心の状態を客観視してみることが結果的に自分に自信が持てる「なわばり意識」につながるのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

土地境界で争いが発生してしまうのは、地主さんが土地の形状をよく理解していない場合も多いです。
土地の境目に少しでも良いので目を向けてみませんか?
そして土地を愛してみませんか?

土地を愛することで、自分の「なわばり」を大切にしていきましょう!

 

無料メールマガジン

 

5日間無料メールマガジン
【測量技師が教える、「苦手な人」「ムカつく人」との距離の取り方 】



 

-なわばり

執筆者:

関連記事

「ポジティブになろう!」がしんどい理由

10年ほど前… 僕は測量会社をクビ同然で退職し、仕方なく独立開業した経緯があります。 コネも金もない状態で開業したものですから、どうやって顧客開拓していってよいかわからなかったわけです。 …

嫌いな人を引き寄せてしまうのは、自分の「なわばり」が曖昧なため!?

私の周りには、なぜイヤな人ばかりが集まるのだろう? なぜ自分は嫌いな上司から怒られてばかりなのだろう? そのように感じてしまう人も少なくないと思います。 僕もその一人でした… 結論から言い …

「土地」は住人の心を如実に表している

こんにちは。 「対人距離の専門家」・平田真義です。 今回は土地のスペース、余白、なわばりに目を向けると、自分の「心」がなぜか穏やかになる、そんなお話をお伝えいたします。 敷地に物があふれている現場は測 …

高級車すぎる隣人から学ぶ「他人軸」という恐怖への行動

かなり前の話ですが、 都内郊外の測量現場をやらせて頂きました。 依頼者の敷地の東側の隣人がいつも留守でした。 土地境界線が接しているため、 隣人にも確認して頂ければなりません。 で、隣人の不動産をパッ …

人間関係が上手くいっていない人は、知らないうちに「なわばり」を侵している!?

  こんにちは。対人距離の専門家、平田真義です。 測量の仕事でお隣さんの「愚痴」をよくお聞かせ頂く場面に遭遇します。 「あの人はゴミ出しのルールが守られていないからイライラする」 「あの人の …

【対談動画】

【無料メールマガジン】

「対人距離の測り方」で、苦手な相手と上手につき合える秘訣をお伝えします

【対人距離の専門家がご相談を承ります】



平田 真義 (土地家屋調査士・心理カウンセラー)

「人と人との距離感」「対人における縄張り争い」をテーマに、人間関係における不平不満を上手に解消する方法をお伝えし、自分も相手も責めない、ありのままの感情を受け入れ、他者に対する執着からも解放されて、笑顔あふれる人を増やしていくことが、僕のミッションです。

アメブロ【人との「距離感」で自分を見つめる~対人距離の専門家のつぶやき】