言いたいことが言えるようになるための対人距離の測り方

良好なコミュニケーションのキモは「程よい距離感」です。人と人との境界線を明確にして心穏やかに。内気な人のためのコミュニケーション術。

距離感

我慢していることを断ってみると、程よい距離感が保てる!?

2017/01/16

人間関係の悩みの一つが、
相手に自分の気持ちを言えずに我慢しちゃうことです。
今回は、イヤな事、我慢していることを相手に対して勇気をもって「伝える」「断る」をすると、
適正な対人距離になる、というお話をさせて頂きます。

「我慢している感情」が不平不満となります。

不平不満をちゃんと言えないからストレスとなり、嫌な思いをずっと持ち続けることになります。
嫌な思いをずっと抱えてしまうので、ずっとしんどい気持ちで過ごすことになります。
そんな感情を持ち続けると、もしかすると「怒り」となって相手を攻撃してしまうかもしれません...
相手に「怒り」ぶつけることによって問題解消する場合もあるでしょう。

しかし、僕等にはもっとスマートな方法があるはずです。
相手を尊重しつつ、自分の気持ちも大切にする方法。

これが、「断る」です。

素直に伝えられないのは、昔のイヤな記憶を思い出しているから

不平不満の代表格は
「我慢していることを断れない」
「我慢していることを伝えられない」
ってことなんですね。

実は僕も凄く「断り下手」「伝え下手」です(^^ゞ
相手に自分の気持ちを伝えるのはすごく勇気がいる。
この小心者の考え方はなぜだろう?
と考えたとき、
恐らく、幼少期まで遡った経験から来ているのかと思いました。

小さいころ、自分の気持ちを素直に伝えた瞬間に
親や先生に怒られた怖い思いをした経験。

遊ぶ約束を断った瞬間に、友達から嫌われてしまった悲しい経験。
そんな辛い思いを、もしかしたら経験していたのかもしれない...

なので、
自分の意に反して、断らない、素直に伝えない
をすれば、コミュニケーションが上手くおさまると錯覚して今日まできたのかもしれない...

でも、これだと、自分の気持ちに嘘をついていることになりますよね。
つまり、「不平不満」のタネを蒔いていることになってしまいます。
なので、ここは勇気を出して「断ってみる」です。

断ってみたら、自信が湧いてきました

僕の場合、異業種交流会によくお誘いを受けます。
しかも、その多くは参加ノルマが発生する交流会なので、
できれば参加したくなかったのでした。
言葉悪いですが、誘った方の点数にしかならないのです。

でも、断れなかった僕は、自分の意に反して以前まで参加していました。
それは、仕事のメリットや人脈を優先したからです。
「仕事を受託しなければならない」
「人から好かれなければならない」
という思い込みに過剰に縛られていた気がします。

でも、
自分の意を信じて、異業種交流会の参加を全て断りました。
もちろん相手を尊重しつつ...
我慢していたことのひとつを断ってみたのです。
そしたら、不思議なことに
仕事も継続的に受託しているし、
別段人から嫌われてもいないことに気づいたのです。
そしたら不思議と自信がみなぎってきました。

「断る」は相手と程よい距離感が保てる

結局、
「断れなかった自分」
というのも、僕の思い込みだったのかもしれません。

「断れない」「伝えられない」「不快だ」は、自分を尊重していないことになり、相手との距離感が不快と感じるくらい近い証です。

なので、我慢していることを相手に「伝える」「断る」をすると、自分の心を尊重していることになります。
他者との距離感を保てることになるのです。
厳密に言うと、相手から「離れること」ができるのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

あなたの我慢していることは何でしょう?
無理をしないところから、身近なところから上手に断ってみる。

相手を尊重するように素直な気持ちを伝えてみる。
目的は、自分で自分を「尊重」するためです!
あくまで無理をせずに(^^)

自分と相手を尊重し、良好で程よい距離感を♪

 

無料メールマガジン

 

5日間無料メールマガジン
【測量技師が教える、「苦手な人」「ムカつく人」との距離の取り方 】



-距離感