距離感

「悪口」をやめると、程よい距離感が保てる!?

投稿日:2016年12月24日 更新日:

僕は自営業者でもあるので、人脈の大切さを痛感しています。
人脈を広げる方法をいろいろ模索してきましたが、一番手っ取り早い方法に気づきました。
それが、
「人の悪口をいわない」です。
すごく簡単でしょ。。
今回は、「悪口」と「距離感」のお話です。

人の欠点を指摘する「悪口」は誰にでもできる簡単すぎる行為

「人の悪口をいわない」
これさえ守れば、人脈構築の入り口は90%完成です。
あとは時間と共にどんどん広がります。

「悪口」を言うと、噂としてあっという間に広がります。
悪口を言われた人ではなく、言った人の「悪名」として広がります。
そんな話をよく耳にします。

「悪口」なんて言おうと思えばいくらでも言えるのです。
だって、他人の欠点を指摘すればよいだけですから…
他人の欠点なんてすぐに見つかります。
ひと口食べたドーナツの形状の如く、目立ちますからね。。

実は、僕は他人の悪口ばかり言うタイプの嫌な奴でした…

なぜ僕が他人の悪口を言っていたかというと、
あの人に、いかにひどい目に逢ったか、を
伝えることにより、自分を正当化し、
被害にあった現状を悪口と捉え、
第三者から同情を得たかったんだと思います。

でも、これはやっぱり違うな…と感じました。
一時的にはスッキリするかもしれないけど、
「僕自身の捉え方の問題」という
根本が解決ができていなかったので、
気づくのに時間がかかりました。

他人に向けた悪口は、実は自分自身が受け取っていたことが判明!?

脳科学者の中野信子先生は、
「他人の悪口を言うと、主語が認識できない脳は自分自身に悪口を言っていると勘違いしてしまい、ストレスが発生する」
と仰っています。
情報ソース
悪口は「言えば言うほど脳が衰えて老化が早まってしまう」と判明

つまり、先生曰く、他人の悪口は、自分自身を苦しめていることが理解できます。
他人に向けた言葉が、実は自分に返ってきた、という事が言えます。

人の欠点より、良い点を見ようとすると、良好な距離感が保てる

では、悪口をやめるにはどうしたらよいのか??

嫌いなヤツのことなんて話題にしなければ良いのです。
簡単でしょ??!(^^)!

逆に好きな人、素敵な人、素晴らしい人、感動した人の話をして盛り上がっていけばよいのですよ。
その場合、他人の欠点なんか見ずに、とにかく良い点だけを見てお互いに楽しんじゃえば良いんですよ。

自分と相手を尊重し、良好で程よい距離感を♪

ブログランキングに参加中♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村

無料メールマガジン

 

5日間無料メールマガジン
【測量技師が教える、「苦手な人」「ムカつく人」との距離の取り方 】



 

-距離感

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

上司の「アドバイス」はうっとおしい距離感!?

上司からの「アドバイス」は、わからないことを丁寧に教えて頂けるありがたい行為です。 アドバイスによって理解が深まり、アドバイスによって成長の糧となることもあります。 しかし、実はアドバイスを勘違いして …

必要以上に部下を叱る、パワハラ上司との距離感とは?

在職中時代、上司からよく叱られていました(^_^;) 僕がミスをしたのだから、叱られるのは当たり前であり仕方のないことだと思っていました。 その反面、「ちょっと叱りすぎではないのかな?」 という疑問を …

「人は見かけによらない」と思ってみると、程よい距離感になる

初対面の人と初めて接した時、 「この人、何か怖そうだなぁ…」 「この人、とっつきにくそうだなぁ…」 と、第一印象でその人の性格を瞬時に思い込んでしまいます。 しかし、いざお話し …

「心のものさし」で、距離感を測ってみる

「自分が正しい」という気持ちを相手に無理やり押し付けてしまうと… こんにちは。 「対人距離の専門家」・平田真義です。 「自分が正しい」 と思うことは悪い事ではないです。 むしろ、自分を持っ …

職場が好きになる上司、転職したくなる上司

会社で働いていると、上司の中でも「好きなタイプ」「嫌いなタイプ」があることに気づきます。 僕の場合、「魅力的」な上司に憧れを感じていました。 心が穏やかになるし、尊敬できるタイプなので、仕事も一生懸命 …

【対談動画】

【無料メールマガジン】

「対人距離の測り方」で、苦手な相手と上手につき合える秘訣をお伝えします

【対人距離の専門家がご相談を承ります】



平田 真義 (土地家屋調査士・心理カウンセラー)

「人と人との距離感」「対人における縄張り争い」をテーマに、人間関係における不平不満を上手に解消する方法をお伝えし、自分も相手も責めない、ありのままの感情を受け入れ、他者に対する執着からも解放されて、笑顔あふれる人を増やしていくことが、僕のミッションです。

アメブロ【人との「距離感」で自分を見つめる~対人距離の専門家のつぶやき】