距離感

「いい加減」は、程よい距離感になる!?

投稿日:2016年12月26日 更新日:

厳格な父親、キチンとした上司、
家族や部下に「なめられてはいけない」という想いが強すぎて、ついつい「勝ち」にこだわってしまう対人関係。
完璧主義者の特徴です。
今回は、人間関係における「完璧」と「いい加減」について考えてみたいと思います。

人は、自分を愛する程度にしか、他人を愛せない

人は、自分を愛する程度にしか、他人を愛せない
と言います。

逆に言うと、
他人を愛せない人は、自分自身も愛することができていない
のです。

自分で自分自身に完璧を求めている。
だから、相手にも完璧を求めます。

相手に完璧を求める為、
相手のミス、失敗、欠点、不出来なことに腹が立ってしまいます。

その感情にのままに、相手に批判や攻撃をしてしまう。
すると、相手からどんどん見放されてしまう。
徐々に「私は嫌われている」「孤立している」という不安に陥ります。

その不安感が、さらに「完璧でなければならない」という思い込みを生んでしまいます。
そしてどんどん、自分を愛せなくなってしまうのです。

「許せない自分」に許可を出す

では、この「負のサイクル」から抜け出す方法は?

完璧主義者を辞めてみる。
いい加減になってみるのが良い方法です。
自分に対して、「許せない」と思っていることに「許可」を出すのです。

例えば、僕が以前自分を許せなかった「~しなければならない」に捉われていたものは、以下のようなことでした。

・遅刻してはならない
・寝坊してはならない
・掃除しなければならない
・仕事サボってはならない
・挨拶しなくてはならない

これに対して「~してもいい」と変換することで、自分を「許す」のです。

・遅刻したっていい
・寝坊したっていい
・掃除しなくてもいい
・仕事サボってもいい
・挨拶しなくてもいい

僕は、これを言葉にしてつぶやいただけで、心がザワつきました。
何とも言えない違和感。

この違和感が「完璧」から「いい加減」への変身する際に生じるエネルギーだと思っています。
仮面ライダーやウルトラマンも、変身する際はいろいろとエネルギーを放って体内で覚醒しているイメージがありますよね(笑)

このようにして、自分自身を許していくのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

自分を許すと「いい加減」になります。
「いい加減」は「良い加減」。
「適当」ということでもあるけど、
「丁度良い加減」
ってことでもあります。

つまり、距離感も「良い加減」になるのです!

自分を愛する「心の余裕」を大切にしたいですね。

ブログランキングに参加中♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村

無料メールマガジン

 

5日間無料メールマガジン
【測量技師が教える、「苦手な人」「ムカつく人」との距離の取り方 】



 

-距離感

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

相手の事を「わかろう」とするだけで、程よい距離感になる

こんにちは。 「対人距離の専門家」・平田真義です。 今回は相手を「正そう」とするのではなく「わかろうとする」だけで心地よい距離感が生まれるお話をさせて頂きますね。 「相手を責める」より「自分を見直す」 …

対人距離を「測量」できると、良好な人間関係が築ける理由とは?

こんにちは。 対人距離の専門家、平田真義です。 今回は良好な人間関係を築ける鍵は対人距離を測量する目線が必要! という事についてお伝えしようと思います。 そもそも測量とはいったい何なのでしょうか? 私 …

他者を気にしすぎて「ありのまま」でいられない理由

上司の顔色をうかがいながら遂行する仕事。 夫の機嫌を気にしながら接している奥さん。 お母さんに怒られないように注意を払っている子供。 他者を気にしすぎて自分を殺す、「ありのまま」でいられない状況って何 …

転職したくなるほど、上司との距離感がわからなくなったときに読む記事

振り返ってみたら、僕自身上司への不平不満が尽きない人でした。 20代から30代の独立開業まで実に5回ほど転職しました。 その理由のほとんどが「上司」のことがイヤだったからでした。 なぜあんなにイヤだっ …

ストップ!人に注意する前に、「環境改善」を考えてみましょう

こんにちは。 「対人距離の専門家」・平田真義です。 人に対してイライラ・モヤモヤする時、ありますよね? そんな時、口頭で注意するのも気が引ける。 しかし、言いたい! で、言ったら言ったで口調が強すぎて …

【対談動画】

【無料メールマガジン】

「対人距離の測り方」で、苦手な相手と上手につき合える秘訣をお伝えします

【対人距離の専門家がご相談を承ります】



平田 真義 (土地家屋調査士・心理カウンセラー)

「人と人との距離感」「対人における縄張り争い」をテーマに、人間関係における不平不満を上手に解消する方法をお伝えし、自分も相手も責めない、ありのままの感情を受け入れ、他者に対する執着からも解放されて、笑顔あふれる人を増やしていくことが、僕のミッションです。

アメブロ【人との「距離感」で自分を見つめる~対人距離の専門家のつぶやき】