言いたいことが言えるようになるための対人距離の測り方

良好なコミュニケーションのキモは「程よい距離感」です。人と人との境界線を明確にして心穏やかに。内気な人のためのコミュニケーション術。

距離感

「いい加減」は、程よい距離感になる!?

2016/12/29

厳格な父親、キチンとした上司、
家族や部下に「なめられてはいけない」という想いが強すぎて、ついつい「勝ち」にこだわってしまう対人関係。
完璧主義者の特徴です。
今回は、人間関係における「完璧」と「いい加減」について考えてみたいと思います。

人は、自分を愛する程度にしか、他人を愛せない

人は、自分を愛する程度にしか、他人を愛せない
と言います。

逆に言うと、
他人を愛せない人は、自分自身も愛することができていない
のです。

自分で自分自身に完璧を求めている。
だから、相手にも完璧を求めます。

相手に完璧を求める為、
相手のミス、失敗、欠点、不出来なことに腹が立ってしまいます。

その感情にのままに、相手に批判や攻撃をしてしまう。
すると、相手からどんどん見放されてしまう。
徐々に「私は嫌われている」「孤立している」という不安に陥ります。

その不安感が、さらに「完璧でなければならない」という思い込みを生んでしまいます。
そしてどんどん、自分を愛せなくなってしまうのです。

「許せない自分」に許可を出す

では、この「負のサイクル」から抜け出す方法は?

完璧主義者を辞めてみる。
いい加減になってみるのが良い方法です。
自分に対して、「許せない」と思っていることに「許可」を出すのです。

例えば、僕が以前自分を許せなかった「~しなければならない」に捉われていたものは、以下のようなことでした。

・遅刻してはならない
・寝坊してはならない
・掃除しなければならない
・仕事サボってはならない
・挨拶しなくてはならない

これに対して「~してもいい」と変換することで、自分を「許す」のです。

・遅刻したっていい
・寝坊したっていい
・掃除しなくてもいい
・仕事サボってもいい
・挨拶しなくてもいい

僕は、これを言葉にしてつぶやいただけで、心がザワつきました。
何とも言えない違和感。

この違和感が「完璧」から「いい加減」への変身する際に生じるエネルギーだと思っています。
仮面ライダーやウルトラマンも、変身する際はいろいろとエネルギーを放って体内で覚醒しているイメージがありますよね(笑)

このようにして、自分自身を許していくのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

自分を許すと「いい加減」になります。
「いい加減」は「良い加減」。
「適当」ということでもあるけど、
「丁度良い加減」
ってことでもあります。

つまり、距離感も「良い加減」になるのです!

自分を愛する「心の余裕」を大切にしたいですね。

ブログランキングに参加中♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村

無料メールマガジン

 

5日間無料メールマガジン
【測量技師が教える、「苦手な人」「ムカつく人」との距離の取り方 】



 

-距離感