言いたいことが言えるようになるための対人距離の測り方

良好なコミュニケーションのキモは「程よい距離感」です。人と人との境界線を明確にして心穏やかに。内気な人のためのコミュニケーション術。

距離感

許せない相手を許してみると、なぜか程よい距離感になる

2017/01/16

他人に対して「許せない」感情って何なのでしょうか?
今回は、相手を許せない場合の距離感について考えてみたいと思います。

「被害者キャラ」になると、離れたい相手と離れなくなる

ご近所問題の場合、
・騒音
・越境
・糞尿
・ルール無視
・臭い
など、いろいろな「許せない」をお聴きします。

では、なぜ人は他人を許せないのでしょうか?

お話を聴いてみると、
「私は奪われている、損をしている」
と感じている人が多いからだと思っています。

・私はお隣さんから自分の生活を奪われている...

・私は近隣から損害を被っている...

・お隣りは悠々自適で私の苦労が分からない...

・私の苦労が分からないからお隣はずるい...

・私とお隣は不公平...

許せない相手を無意識に監視し、分析しているので、
大嫌いなはずなのに、心の距離がベッタリと一体化してしまっています。
つまり、不快な距離感を自ら作っていたのです。

なので、ますます不自由な感情になってしまっています。

「許す」「許せない」の基準は、自分の心が作り出しています。

自分が満たされていないから他人に対して厳しいし、怒りっぽくなるし、許せないのです。
まず、ここに気づいてみる。

相手に向けている矢印を、いったん自分に向けてみましょう。

では、自分を満たす方法は?

自分で自分を受け入れてみる
自分で自分を認めてみる
自分で自分を許してみる
自分で自分を愛してみる

自分はいままでよく頑張ってきた。
辛い思い、悔しい思いをした自分を、受け入れ、認め、許し、愛してみる。
嫌な人を受け入れるのではなく、嫌な人だと思った自分を心から受け入れ、認め、許し、愛してみる。

※あくまで嫌いな人だと感じている自分を許そうよ~ ってことです(^^)

とにかく思いつくままに、今まで抑えてきた感情、我慢してきた感情を心から受け入れ、認め、許し、愛してみる。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

「日本メンタルヘルス協会」の外部講師である「ひすいこたろうさん」から教わった「自分を癒す」方法なのですが、
口に出して言葉にするとしっくりきますよ。
ビックリすることに、自分が満たされると、周りとのコミュニケーションが劇的に変わるんですね。

自分が満たされると「受け取り方」が変わり、行動が変わります。
そうなると、今まで不快だと思っていた相手との距離感も変化し、心の対人距離が開くので、
離れたい相手に対する感情や問題意識も、きっと変わるはずですよ。

自分と相手を尊重し、良好で程よい距離感を♪

ブログランキングに参加中♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村

無料メールマガジン

 

5日間無料メールマガジン
【測量技師が教える、「苦手な人」「ムカつく人」との距離の取り方 】



 

-距離感