理不尽上司に言いたいことが言えるようになるための対人距離の測り方

良好なコミュニケーションのキモは「程よい距離感」です。人と人との境界線を明確にして心穏やかに。内気な人のためのコミュニケーション術。

距離感

意見の食い違いは「認める」と程よい距離感になる

2017/01/16

他人に対する不平不満の1つに、相手のやり方、考え方、価値観が自分とは違うからイラッとする...
というとこがあります。

ではなぜ、イラッとするのでしょうか?
今回は、自分と他者との「違い」と「距離感」について考えてみたいと思います。

「自分のやり方が1番正しい」と思い込みすぎてはいませんか?

僕等、測量の仕事は、それぞれ個々にやり方や進め方がマチマチであります。
それは、修行してきた事務所での教えのとおりに従順に遂行していることと、
今まで培われた経験からくる自信により、見出したやり方だから、
実務者個々のやり方に相違が出てしまうのは当たり前のことだと思います。

数年前に、同業者に聞いた話で、
転職してきた実務経験者を雇うのは難しい、と言っていました。
結局、「やり方」の相違で所員と衝突してすぐ辞めてしまうらしい。

転職者を自分の事務所のやり方に無理やり従わせようとするから、衝突してしまうのかも!?
と、今だとそう思ったりします。

確固たる、やり方、進め方に囚われていて、
転職者を尊重する努力をしないと、衝突もままならないかも。
逆に、転職者がひどいやり方をしていたら、雇った事務所も大変だったりします。

仕事のやり方なんて千差万別。
「へ~、そういうやり方もあるんだね」
という違いを認める寛大な気持ちが大切なんじゃないかなぁ~と思います。

「討論番組」はお互いの違いを認めていないから先に進まない

以前見たテレビの討論番組で、東国原さんと上西小百合衆議院議員が揉めていました。
東さんは上西議員にツイッター上で、『売名行為』と書かれたことに、かなりご立腹の様子。
一方、上西議員は、討論企画の3つのテーマ趣旨と逸脱していることにご立腹。

なんか、論点がずれていて、見ていてヘンなカンジになりました...

ただ、見ていて気づいたのは、
お互いに、
「自分は絶対に正しい」
という思いが強い点と
「相手のことを、ちっともわかろうとしない」
という点でした。

つまり、各々の「考え方」がぶつかり合っている印象を受けました。

「自分が絶対正しい」の押し付けは相手を尊重していない。

以前、「アイスバケツチャレンジ」というものが流行りました。
僕は当時、SNS上で痛烈に批判してしまいました。
「あんなものやってネットでアピールする奴の意味が分からん!」と...

そうしたら、チャリティーを真剣にやっている人から
「そんなこと言われると悲しい...」
というメッセージが届きました。

僕が正直な気持ちで批判したことにより、傷つけてしまった人が居ることに気づいたわけです。
これも「考え方の違い」ということだったと...

今だったら、アイスバケツを見ても批判はしませんね。
「あ~、そういうチャレンジもあるんだね~」
と、認めてみることができます。
そうすると、不思議なことに自分と相手との間に境界線を引いて客観視できるようになるのです。
それが、相手に対する尊重ということになりますし、自分もいちいちイライラしなくて済むのです。

最近は全然見ませんが、
2ちゃんねるのようなネットの掲示板で、よく荒れる投稿を目にしたとき、
どちらの意見も正しいと思ったりしました。

結局は、自分の価値観の正当化を押し付けあっている印象を受けますね。
「自分が絶対に正しい」と思いこんでしまうと、
「すべて相手が悪い」ということになってしまいます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

「相手のせい」「相手が悪い」は些細な事でもイライラの原因です。
相手の考え方を認めると、お互いの心理的な距離感が適切になるのです。
考え方を認めないと、当事者同士、べったりくっ付いてしまいます。
東国原さんと上西議員のように...

自分の意見を主張するのは良いことです。自分を尊重していることなので。
しかし、他人の意見を真っ向から否定してしまうと、不快感が残ります。

また、自分の意見を他人から否定される場合も当然にあるワケです。
その場合の対処法は、他人の「一意見」として認めてあげる。

「あなたはそんな反論意見をお持ちなんですね」
と認めてあげる。
わかろうとしてあげる。

反対されたことに対しわかろうとせずに、「ムカッ!」となった瞬間に距離感がくっつきます。

なので、相手をわかろうと認めてみると、心理的な距離感が保てるのでイライラしなくて済むワケです。

自分と相手を尊重し、良好で程よい距離感を♪

ブログランキングに参加中♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村

無料メールマガジン

 

5日間無料メールマガジン
【測量技師が教える、「苦手な人」「ムカつく人」との距離の取り方 】



 

-距離感