距離感

「人は見かけによらない」と思ってみると、程よい距離感になる

投稿日:2016年12月29日 更新日:

初対面の人と初めて接した時、
「この人、何か怖そうだなぁ…」
「この人、とっつきにくそうだなぁ…」
と、第一印象でその人の性格を瞬時に思い込んでしまいます。

しかし、いざお話ししてみると、そんな心配吹っ飛ぶくらいすごく優しかったり、すごくフレンドリーな人っていますよね。
第一印象で感じた、さっきまでの不安や心配は何だったんだろう??と思う時ってありますよね。。

今回は「人は見かけによらない」と感じることの大切さを考えてみたいと思います。

近所の嫌われ者が震災を機に皆から感謝されたエピソード

以前、とある先生から聞いたお話です。
1990年代の関西地方での出来事。
若者が仕事もせず毎日バイクを乗り回していた。
行くあてもなくブラブラと…

近所の年配者から見たら、「暴走族」と同類なのでしょう。
若者は近所から煙たがれる存在に。

そんな中、阪神大震災が発生。

この若者、ここぞとばかりにバイクを使用し、水や食料をどこらかともなく調達してくる。
我が家だけでなく、ご近所にも配って回る。
あまりに健気にバイクで動き回るその姿に、近所からも大変感謝され、
この若者も、人の役に立っていることで、自分に自信がついた、というエピソードです。

「自分の勝手な思い込みを疑う」ことで、距離感が柔軟になる

「人は見かけによらない」
ってことはよくありますよね。。

普段エラそうにしている人が、いざというとき何の役にも立たなくて、
近所のバカ息子が、いざというとき他人の役に立つ動きをする。

アンチヒーロー的な、そんなエピソード、大好物です(^_^;)

ご近所トラブルは、「相手がどんな人だかわからない」
という思いから、不安やイライラを助長させていると感じています。

そうなると、「自分に不都合な人」と認識した瞬間に
「非常識なヤツ」となってしまいます。
「人は見かけによらない」
というのも事実。

嫌い!
不愉快!

と思っている相手が、もしかしたら助けてくれる存在になるかも!?
なので、大切なのは、自分の勝手な思い込みを疑ってみることなんですね。

自分と相手を尊重し、良好で程よい距離感を♪

ブログランキングに参加中♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村

無料メールマガジン

 

5日間無料メールマガジン
【測量技師が教える、「苦手な人」「ムカつく人」との距離の取り方 】



 

-距離感

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【バレンタインデー】親しくなりたい場合は、距離感を近づけちゃおうよ

対人距離で密接した距離感(ラブラブゾーン)は、愛した人以外は入れたくない範囲です。 しかし、こんな実験をネットで見つけました。 見知らぬ人同士に裸で抱き合ってもらうと一体何が起こるのか?という実験ムー …

我慢していることを断ってみると、程よい距離感が保てる!?

人間関係の悩みの一つが、 相手に自分の気持ちを言えずに我慢しちゃうことです。 今回は、イヤな事、我慢していることを相手に対して勇気をもって「伝える」「断る」をすると、 適正な対人距離になる、というお話 …

『相手の「心」の問題まで所有する必要は無い』と思うと、程よい距離感になる

こんにちは。 「対人距離の専門家」・平田真義です。 嫌なことを相手に断れない… 嫌なことを相手に伝えられない… って、どういうことなのか? そこを今回は考えてみたいと思います。 …

相手に過度な「期待」は不快な距離感となる

人は他人に期待します。 上司は部下に仕事の成果を期待。 部下も上司に「褒めて欲しい」を期待。 彼女は彼氏に優しさを期待。 妻は夫に家事手伝いを期待。 それが裏切られると、「怒り」や「悲しみ」になります …

甘えると不快な距離感になる

頼ってみると良好な距離感になる の続きになりますが、 甘えると不快な距離感になってしまいます。 今回は「甘え」の距離感について考えてみたいと思います。 「頼る」と「甘える」は違う! 「頼る」とは、 「 …

【対談動画】

【無料メールマガジン】

「対人距離の測り方」で、苦手な相手と上手につき合える秘訣をお伝えします

【対人距離の専門家がご相談を承ります】



平田 真義 (土地家屋調査士・心理カウンセラー)

「人と人との距離感」「対人における縄張り争い」をテーマに、人間関係における不平不満を上手に解消する方法をお伝えし、自分も相手も責めない、ありのままの感情を受け入れ、他者に対する執着からも解放されて、笑顔あふれる人を増やしていくことが、僕のミッションです。

アメブロ【人との「距離感」で自分を見つめる~対人距離の専門家のつぶやき】