なわばり

手放すと入ってくる。大掃除はスペースを作る作業

投稿日:2016年12月31日 更新日:

今年も残すところあと1日。
大掃除はもうお済ですか?
まだの方は、是非おすすめですよ。

なぜなら、大掃除は幸運を引き寄せます。
その理由は、手放すと入ってくるからです。
つまり循環ですね。
余白に幸運が訪れる、と言われています。

お金持ちの敷地の特徴は、適度なスペースを大切にしている

僕は今までいろいろな方の土地を測量してきました。
お金持ち
幸せそうな家族
人当たりの良い方
この方々の特徴は、土地のスペースに適度な余白があることです。
しかも、そのスペースを大切にしておられます。

ガーデニングをしたり、おしゃれな坪庭を創作したり、ウッドデッキにして椅子を置き読書スペースにしたり…
土地もキチンと綺麗にしているんですね。

そう考えると、「余白」という名のスペースは、人の心身に非常に良い影響を与えているのでは、と感じています。

「スペースを作りだす」という意識で、いらないモノは捨ててみる

「残心」という言葉をご存知でしょうか?
簡単に言うと「心が途切れないように」ということです。
武道や茶道などの芸道でよく使うそうなのですが、
剣道の場合、攻撃の際、意識を持続させないと有効打と認められない。
つまり、気を抜かずに最後まで心を残すことを「残心」と言います。

いらないものを捨てる際も「残心」で捨ててみる。
無造作に捨てるのではなく、心を込めて手放す。
そうすると、自分の心にたまった余分な汚れも手放してくれます。

何かの縁で自分のところにやってきたモノであります。
捨てる際に心を込めると来年につながります。

心を込めてモノを捨てればスッキリ。
スペースもでき、気持ちよく来年の幸運を招き入れる準備をしましょう。

来年もますますの幸せが訪れます様、心よりお祈り申し上げます。

ブログランキングに参加中♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村

無料メールマガジン

 

5日間無料メールマガジン
【測量技師が教える、「苦手な人」「ムカつく人」との距離の取り方 】



 

-なわばり

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「土地」は住人の心を如実に表している

こんにちは。 「対人距離の専門家」・平田真義です。 今回は土地のスペース、余白、なわばりに目を向けると、自分の「心」がなぜか穏やかになる、そんなお話をお伝えいたします。 敷地に物があふれている現場は測 …

測量技師が思う、心の「余裕」とは何なのか?

こんにちは。 「対人距離の専門家」・平田真義です。 心に「余裕」がないと、イライラしたり、焦ったり、怒りっぽくなったりします。 その結果、ミスしたり、他人に迷惑をかけたり、自分自身が妙に空回りしてしま …

「快適ななわばり」か「不快ななわばり」か? 住環境が人を変える!?

こんにちは。 「対人距離の専門家」・平田真義です。 今回は、古くなった建物を建て替えをした地主さんの変貌ぶりに、平田自身がビックリしたお話をさせて頂きます。 「劇的ビフォーアフター」というテレビ番組を …

心に「余裕」がある人は自分軸!心の余白が「ゴミ屋敷」にならないために…

こんにちは。 「対人距離の専門家」・平田真義です。 このブログでも何度か書いている心の余裕。 測量技師が思う、心の「余裕」とは何なのか? 土地の「なわばり」と、こころの「なわばり」(パーソナルスペース …

「ポジティブになろう!」がしんどい理由

10年ほど前… 僕は測量会社をクビ同然で退職し、仕方なく独立開業した経緯があります。 コネも金もない状態で開業したものですから、どうやって顧客開拓していってよいかわからなかったわけです。 …

【対談動画】

【無料メールマガジン】

「対人距離の測り方」で、苦手な相手と上手につき合える秘訣をお伝えします

【対人距離の専門家がご相談を承ります】



平田 真義 (土地家屋調査士・心理カウンセラー)

「人と人との距離感」「対人における縄張り争い」をテーマに、人間関係における不平不満を上手に解消する方法をお伝えし、自分も相手も責めない、ありのままの感情を受け入れ、他者に対する執着からも解放されて、笑顔あふれる人を増やしていくことが、僕のミッションです。

アメブロ【人との「距離感」で自分を見つめる~対人距離の専門家のつぶやき】