なわばり

嫌いな人を引き寄せてしまうのは、自分の「なわばり」が曖昧なため!?

投稿日:2017年1月17日 更新日:

私の周りには、なぜイヤな人ばかりが集まるのだろう?
なぜ自分は嫌いな上司から怒られてばかりなのだろう?

そのように感じてしまう人も少なくないと思います。
僕もその一人でした…
結論から言いますと、自分の「なわばり」が曖昧なために、
嫌いな相手が自分の領域に侵入してきてしまっている状態なのです。
今回は、自分の「なわばり」に他者を侵入させない方法をお伝えいたします。

「良い人」ほど、対人ストレスを抱え込みやすい!?

職場やサークルなどでも「良い人」っていますよね。
どちらかというと大人しいタイプで素直、周りに気づかう事ができて、協調性がある人。
他者から見たら、非の打ちどころがないくらい素晴らしい性格のように見えてしまいます。

しかし、このようなタイプは、良い人すぎて遠慮しやすい性格も併せ持っているんですね。
つらいことを耐えてしまったり、他者の期待に応えようと頑張っちゃったり…
実は、対人関係によるストレスも抱え込みやすいのです。
なので、自分を責めやすい。しんどい気分になってしまいます。

「良い人」は相手からは下に見られやすい

そんな「良い人」は、素直な性格なので他者からの指示は何でも聞き入れます。
指示を出す側からすると、何でも言うことを聞いてくれるので、どんどん「甘え」の感情になっていきます。
「あいつはいい奴なので、俺の指示は何でも聞いてくれる」
「あいつはこんな面倒なこともやってくれるんだ」
「あいつは俺の指示を従うべき!」
となり、どんどんエスカレートしていきます。
「良い人」は「ノー」を言えません。
なので、心の底では理不尽な指示だと思いつつ、従わなければならない感情になってしまっています。
完全に「なわばり」の侵害です。

「ノー」を言って断わってみる

では、イヤな相手を自分の「なわばり」から追い出す方法はあるのでしょうか?

それは、「断る」です。
イヤなことは「嫌です」と自分の素直な気持ちをお伝えすることが大切なんですね。
相手に合わせ過ぎているために、相手も調子に乗ってしまうのです。
イヤなことを「ノー」ということで自分の「なわばり」が明確になります。
同時に自分にとって受け入れられることと、受け入れらないことの具体的な判別に気づきます。

逆に言うと「ノー」を言えないから不快な相手を引き寄せてしまっている、ということが言えます。

まとめ

このように、自分の「なわばり」に不快な相手が侵入されたと、感じやすい人は、
消極的でじっと我慢ができてしまう傾向の人であります。

なので、逆に主体性を持ち、積極的な行動をとると良いです。
・空気なんて読まなくていい。
・自己中でいい。
・悪い子でいい
・嘘をついてもい
・人を傷つけてもいい

これくらいの「非常識」をやったって良いんですよ(笑)
自分を許せば「なわばり」も明確になります。

「ノー」を言って、自分の「なわばり」を明確に♪

ブログランキングに参加中♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村


自己啓発書 ブログランキングへ

無料メールマガジン

 

5日間無料メールマガジン
【測量技師が教える、「苦手な人」「ムカつく人」との距離の取り方 】



 

-なわばり

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「ポジティブになろう!」がしんどい理由

10年ほど前… 僕は測量会社をクビ同然で退職し、仕方なく独立開業した経緯があります。 コネも金もない状態で開業したものですから、どうやって顧客開拓していってよいかわからなかったわけです。 …

人間関係が上手くいっていない人は、知らないうちに「なわばり」を侵している!?

  こんにちは。対人距離の専門家、平田真義です。 測量の仕事でお隣さんの「愚痴」をよくお聞かせ頂く場面に遭遇します。 「あの人はゴミ出しのルールが守られていないからイライラする」 「あの人の …

土地の「なわばり」と、こころの「なわばり」(パーソナルスペース)

こんにちは。 「対人距離の専門家」・平田真義です。 太古の時代より「なわばり争い」はありました。 土地は耕作を行うための「命の源」であり、「生きるための基礎」だからです。 時代が変わっても「なわばり争 …

「自分を責める」としんどくなる理由

失敗したり、怒られたり、物事がうまくいかなかったりした際 過剰に「自分を責める」ことをしてしまいがちです。 今回は「自分を責める」は「自分のなわばりの侵害」ということをお伝えしたいと思います。 上司か …

異様に広すぎる住環境にこだわった末の寂しさとは

開業して間もないころ、おばあちゃんが1人で暮らしている土地を測量させて頂きました。 都内でしたが、180坪の広い土地に、おばあちゃん一人暮らし。 家もすごく大きく、確か7LDKだったと記憶しています。 …

【対談動画】

【無料メールマガジン】

「対人距離の測り方」で、苦手な相手と上手につき合える秘訣をお伝えします

【対人距離の専門家がご相談を承ります】



平田 真義 (土地家屋調査士・心理カウンセラー)

「人と人との距離感」「対人における縄張り争い」をテーマに、人間関係における不平不満を上手に解消する方法をお伝えし、自分も相手も責めない、ありのままの感情を受け入れ、他者に対する執着からも解放されて、笑顔あふれる人を増やしていくことが、僕のミッションです。

アメブロ【人との「距離感」で自分を見つめる~対人距離の専門家のつぶやき】