なわばり

「ポジティブになろう!」がしんどい理由

投稿日:2017年1月20日 更新日:

10年ほど前…
僕は測量会社をクビ同然で退職し、仕方なく独立開業した経緯があります。
コネも金もない状態で開業したものですから、どうやって顧客開拓していってよいかわからなかったわけです。
異業種交流会に参加したり、人の集まる場所へでかけては名刺をいっぱい配ったり…
その当時、「成功哲学」だとか「ポジティブシンキング」等が流行っていました。
細々とつながったお仲間たちも、みなさん口々に、
「ネガティブはダメだ!」
「後ろ向きはありえない!」
「ツイてる!をずっと口にしなさい!」
など、「ポジティブ思考」が異様に蔓延していた印象でした。

しかし、
僕はそれが実にしんどかったのです。
当時なぜしんどかったかわからなかったですが、
今、考えると、
「ポジティブ思考は、ありのままの自分ではない感じがしてしんどい…」
「ポジティブ思考は、無理している気がして、嘘の自分を演じている感じがする…」
などの理由で、自分自身コントロールできない感じがたまらなくしんどかったのだと思います。

「ポジティブ」は良い 「ネガティブ」は悪い!?

世間的には、
「ポジティブはいいこと」「ポジティブは人を引き付ける」「ポジティブは成功する」「ポジティブでなければならない」
と言われていて、
逆に
「ネガティブは悪いこと」「ネガティブは人から嫌われる」「ネガティブは成功しない」「ネガティブであってはならない」
という風潮が存在することも確かな事実です。

でも、僕はこう思います。
「ポジティブ」でもいいし
「ネガティブ」でもいいし
両方混在していてもいいのだと。
それが「ありのまま」ということなんじゃないのかな…

ムリしてポジティブになろうとすると、心が拒否をする…

僕は「ネガティブ」は、非常に重要な感情だと思っています。
なので、排除する必要なんて全くない! と思っています。
ムリしてポジティブなんかにならなくたって良いのです。
「ムリしてポジティブになろうとする」は自分に嘘をついています。
自分の心の奥底に存在する本質に対して嘘をついている。
なので、「ムリしてポジティブ」は違和感を感じるのです。

仕事や生活上でも、「ネガティブ」の感情は大切です。
・このまま進めたら重大な事故につながるのではないのか?
・ここで業務の報告しないと、社内に損害を与えてしまうかもしれない…
・「燃えるごみ」を今日出してしまうと、鳥に食い散らかされてしまうかもしれない…

など、物事に対して疑ったり、慎重だったり、失敗へのリスクを常に考えるメリットがあります。
なので、「ネガティブ」を排除する必要は全くないのです!

ネガティブを認めることはポジティブ

以前、心理学スクールの先生に
「ネガティブを認めることはポジティブです」
という言葉を聞いて、自分の中で戦慄が走るくらい衝撃を受けたことがあります。

今までネガティブを排除しようしようと頑張ってきた。
ポジティブでなければ、成功しない!
しかし、それは勘違いだったことに気づいたのです。

まとめ

「ポジティブ」も「ネガティブ」もどちらも素晴らしい感情です。
「良し悪し」ではない!
ってことが言いたかったワケです。

テレビのバラエティ番組が大好きで良く視聴するのですが、
すごくポジティブとされているお笑いコンビ「ノンスタイル」の井上さんが、皆さんにいじられながらも、視聴者に前向きな元気を与え活躍したり、(井上さんの早期解決を望んでいます)
すごくネガティブとされているお笑いコンビ「ピース」の又吉直樹さんが、その性格から読書好きが高じて芥川賞を受賞するに至るまでの作家さんになったり…
「ポジティブ」も「ネガティブ」も「良し悪し」ではなく、どちらもマルなのです。

どちらも排除せず、受け入れて認めることができれば
ムリをしない自分「ありのままの自分」でいられますね。

「ありのまま」で自分の明確な心の「なわばり」を♪

ブログランキングに参加中♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村


自己啓発書 ブログランキングへ

無料メールマガジン

 

5日間無料メールマガジン
【測量技師が教える、「苦手な人」「ムカつく人」との距離の取り方 】



 

-なわばり

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「自分を責める」としんどくなる理由

失敗したり、怒られたり、物事がうまくいかなかったりした際 過剰に「自分を責める」ことをしてしまいがちです。 今回は「自分を責める」は「自分のなわばりの侵害」ということをお伝えしたいと思います。 上司か …

手放すと入ってくる。大掃除はスペースを作る作業

今年も残すところあと1日。 大掃除はもうお済ですか? まだの方は、是非おすすめですよ。 なぜなら、大掃除は幸運を引き寄せます。 その理由は、手放すと入ってくるからです。 つまり循環ですね。 余白に幸運 …

ご近所から知らない間に嫌われてしまう特徴【独り占めしていませんか?】

こんにちは。 「対人距離の専門家」・平田真義です。 今回は、他人のスペースを知らず知らずにのうちに侵害してしまっている結果、 知らず知らずのうちにご近所から嫌われてしまう、そんなお話です。 ジャイアン …

「快適ななわばり」か「不快ななわばり」か? 住環境が人を変える!?

こんにちは。 「対人距離の専門家」・平田真義です。 今回は、古くなった建物を建て替えをした地主さんの変貌ぶりに、平田自身がビックリしたお話をさせて頂きます。 「劇的ビフォーアフター」というテレビ番組を …

土地の「なわばり」と、こころの「なわばり」(パーソナルスペース)

こんにちは。 「対人距離の専門家」・平田真義です。 太古の時代より「なわばり争い」はありました。 土地は耕作を行うための「命の源」であり、「生きるための基礎」だからです。 時代が変わっても「なわばり争 …

【対談動画】

【無料メールマガジン】

「対人距離の測り方」で、苦手な相手と上手につき合える秘訣をお伝えします

【対人距離の専門家がご相談を承ります】



平田 真義 (土地家屋調査士・心理カウンセラー)

「人と人との距離感」「対人における縄張り争い」をテーマに、人間関係における不平不満を上手に解消する方法をお伝えし、自分も相手も責めない、ありのままの感情を受け入れ、他者に対する執着からも解放されて、笑顔あふれる人を増やしていくことが、僕のミッションです。

アメブロ【人との「距離感」で自分を見つめる~対人距離の専門家のつぶやき】