理不尽上司に言いたいことが言えるようになるための対人距離の測り方

良好なコミュニケーションのキモは「程よい距離感」です。人と人との境界線を明確にして心穏やかに。内気な人のためのコミュニケーション術。

なわばり

「ポジティブになろう!」がしんどい理由

2017/01/20

10年ほど前...
僕は測量会社をクビ同然で退職し、仕方なく独立開業した経緯があります。
コネも金もない状態で開業したものですから、どうやって顧客開拓していってよいかわからなかったわけです。
異業種交流会に参加したり、人の集まる場所へでかけては名刺をいっぱい配ったり...
その当時、「成功哲学」だとか「ポジティブシンキング」等が流行っていました。
細々とつながったお仲間たちも、みなさん口々に、
「ネガティブはダメだ!」
「後ろ向きはありえない!」
「ツイてる!をずっと口にしなさい!」
など、「ポジティブ思考」が異様に蔓延していた印象でした。

しかし、
僕はそれが実にしんどかったのです。
当時なぜしんどかったかわからなかったですが、
今、考えると、
「ポジティブ思考は、ありのままの自分ではない感じがしてしんどい...」
「ポジティブ思考は、無理している気がして、嘘の自分を演じている感じがする...」
などの理由で、自分自身コントロールできない感じがたまらなくしんどかったのだと思います。

「ポジティブ」は良い 「ネガティブ」は悪い!?

世間的には、
「ポジティブはいいこと」「ポジティブは人を引き付ける」「ポジティブは成功する」「ポジティブでなければならない」
と言われていて、
逆に
「ネガティブは悪いこと」「ネガティブは人から嫌われる」「ネガティブは成功しない」「ネガティブであってはならない」
という風潮が存在することも確かな事実です。

でも、僕はこう思います。
「ポジティブ」でもいいし
「ネガティブ」でもいいし
両方混在していてもいいのだと。
それが「ありのまま」ということなんじゃないのかな...

ムリしてポジティブになろうとすると、心が拒否をする...

僕は「ネガティブ」は、非常に重要な感情だと思っています。
なので、排除する必要なんて全くない! と思っています。
ムリしてポジティブなんかにならなくたって良いのです。
「ムリしてポジティブになろうとする」は自分に嘘をついています。
自分の心の奥底に存在する本質に対して嘘をついている。
なので、「ムリしてポジティブ」は違和感を感じるのです。

仕事や生活上でも、「ネガティブ」の感情は大切です。
・このまま進めたら重大な事故につながるのではないのか?
・ここで業務の報告しないと、社内に損害を与えてしまうかもしれない...
・「燃えるごみ」を今日出してしまうと、鳥に食い散らかされてしまうかもしれない...

など、物事に対して疑ったり、慎重だったり、失敗へのリスクを常に考えるメリットがあります。
なので、「ネガティブ」を排除する必要は全くないのです!

ネガティブを認めることはポジティブ

以前、心理学スクールの先生に
「ネガティブを認めることはポジティブです」
という言葉を聞いて、自分の中で戦慄が走るくらい衝撃を受けたことがあります。

今までネガティブを排除しようしようと頑張ってきた。
ポジティブでなければ、成功しない!
しかし、それは勘違いだったことに気づいたのです。

まとめ

「ポジティブ」も「ネガティブ」もどちらも素晴らしい感情です。
「良し悪し」ではない!
ってことが言いたかったワケです。

テレビのバラエティ番組が大好きで良く視聴するのですが、
すごくポジティブとされているお笑いコンビ「ノンスタイル」の井上さんが、皆さんにいじられながらも、視聴者に前向きな元気を与え活躍したり、(井上さんの早期解決を望んでいます)
すごくネガティブとされているお笑いコンビ「ピース」の又吉直樹さんが、その性格から読書好きが高じて芥川賞を受賞するに至るまでの作家さんになったり...
「ポジティブ」も「ネガティブ」も「良し悪し」ではなく、どちらもマルなのです。

どちらも排除せず、受け入れて認めることができれば
ムリをしない自分「ありのままの自分」でいられますね。

「ありのまま」で自分の明確な心の「なわばり」を♪

ブログランキングに参加中♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村


自己啓発書 ブログランキングへ

無料メールマガジン

 

5日間無料メールマガジン
【測量技師が教える、「苦手な人」「ムカつく人」との距離の取り方 】



 

-なわばり