理不尽上司に言いたいことが言えるようになるための対人距離の測り方

良好なコミュニケーションのキモは「程よい距離感」です。人と人との境界線を明確にして心穏やかに。内気な人のためのコミュニケーション術。

距離感

近すぎる!?上司の程よい距離感とは?

2017/04/23

2011年に江崎グリコが20代~50代の就業している男女824名に、
日常で人と接する際の距離感覚についてどのように意識しているのかを調査しました。

情報ソース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000014.000001124.html

その結果、男女共に日常的な会話が行われる距離までは近づいてほしくない人間関係の第1位は「上司」と回答したそうです。
今回は、部下を持つ上司の方のための距離感のお話です。

上司の距離感は近い!?

では、回答者の皆さんはなぜそんなに上司を毛嫌いしているのでしょうか?
その理由の8割以上は「口臭がきついから」だそうです。

この記事を目にした時、僕は愕然としました。
上司がこちらに近づいてきてほしくない理由がまさか「口臭」だったとは...
と同時に、部下は上司の「ニオイ」という不快感に苛まれているということがわかります。

「口臭がきつい」以外のその他の理由としては、
「加齢臭がひどい」、「生理的に無理」、「気持ち悪い」、「いやらしい態度がみえみえ」など、
どれも上司の立場としては居た堪れない気持ちになる理由ばかりですね。

この調査結果の一件でわかったことは、
「イヤな臭いが不快」ということもありますが、
上司と部下の「距離感」に問題があるとも言えます。

【今なら1ヶ月分無料プレゼント!】エチケットが気になる方へ!

上司は「程よい距離感」に意識を!

今までの僕の経験からの意見ですが、
ニオイ以前に、とにかく上司は部下との距離が近い人が多すぎる印象を持っています。

部下にも自分を守らなければならない心の「なわばり」が存在します。
これ以上近づいてこられるのは困る!
という境界線が存在しているのですね。
上司がそれを無視して部下の領域に侵入してしまうと、部下はとたんに不快になってしまいます。

物理的距離感と心理的距離感は比例します。

なので、部下と接する際は、いつもの対人距離よりも、あと2歩下がって接してみてはいかがでしょうか?

強い立場の人ほど距離感に注意が必要!

強い立場の人のほうが、部下との距離感に細心の注意を払ってみてください。
あなたはウエルカムでも、部下は近づきたくない、と思っているかもしれません...
いつものようなマンネリの接し方ではなく、ちょっと変化をつけた接し方をしてみるのも効果的です。

例えば、
部下と接する際は、部下と真正面で向き合うのではなく、少し斜めになって部下との対人距離に配慮してみたり、
部下と接する空間をいつもと違う会議室等で打ち合わせをしてみたり、
コンスタントに席替えをしてみたり...

立場的に部下からは対人距離をとれませんので、上司のほうから部下との距離をとる工夫を提案するのが良いですね。

(次のページに続きます)

-距離感

ページ: 1 2