距離感

近すぎる!?上司の程よい距離感とは?

投稿日:2017年1月21日 更新日:

2011年に江崎グリコが20代~50代の就業している男女824名に、
日常で人と接する際の距離感覚についてどのように意識しているのかを調査しました。

情報ソース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000014.000001124.html

その結果、男女共に日常的な会話が行われる距離までは近づいてほしくない人間関係の第1位は「上司」と回答したそうです。
今回は、部下を持つ上司の方のための距離感のお話です。

上司の距離感は近い!?

では、回答者の皆さんはなぜそんなに上司を毛嫌いしているのでしょうか?
その理由の8割以上は「口臭がきついから」だそうです。

この記事を目にした時、僕は愕然としました。
上司がこちらに近づいてきてほしくない理由がまさか「口臭」だったとは…
と同時に、部下は上司の「ニオイ」という不快感に苛まれているということがわかります。

「口臭がきつい」以外のその他の理由としては、
「加齢臭がひどい」、「生理的に無理」、「気持ち悪い」、「いやらしい態度がみえみえ」など、
どれも上司の立場としては居た堪れない気持ちになる理由ばかりですね。

この調査結果の一件でわかったことは、
「イヤな臭いが不快」ということもありますが、
上司と部下の「距離感」に問題があるとも言えます。

上司は「程よい距離感」に意識を!

今までの僕の経験からの意見ですが、
ニオイ以前に、とにかく上司は部下との距離が近い人が多すぎる印象を持っています。

部下にも自分を守らなければならない心の「なわばり」が存在します。
これ以上近づいてこられるのは困る!
という境界線が存在しているのですね。
上司がそれを無視して部下の領域に侵入してしまうと、部下はとたんに不快になってしまいます。

物理的距離感と心理的距離感は比例します。

なので、部下と接する際は、いつもの対人距離よりも、あと2歩下がって接してみてはいかがでしょうか?

強い立場の人ほど距離感に注意が必要!

強い立場の人のほうが、部下との距離感に細心の注意を払ってみてください。
あなたはウエルカムでも、部下は近づきたくない、と思っているかもしれません…
いつものようなマンネリの接し方ではなく、ちょっと変化をつけた接し方をしてみるのも効果的です。

例えば、
部下と接する際は、部下と真正面で向き合うのではなく、少し斜めになって部下との対人距離に配慮してみたり、
部下と接する空間をいつもと違う会議室等で打ち合わせをしてみたり、
コンスタントに席替えをしてみたり…

立場的に部下からは対人距離をとれませんので、上司のほうから部下との距離をとる工夫を提案するのが良いですね。

(次のページに続きます)

> 続きを読む 

-距離感

執筆者:


  1. タイ より:

    こんにちは!
    口臭が嫌、とは!声を出して笑ってしまいました。
    でも確かに。私も臭い、敏感な方です。加齢臭も実は気になります。
    みんな「なわばり」侵入が嫌なのを口臭というわかりやすいものに置き換えて嫌だと思う理由にしているのかな、とも思いました。
    素敵な記事をありがとうございます。
    いつも楽しみにしています。

    • 平田真義 より:

      タイさん
      コメント有難うございます!

      >みんな「なわばり」侵入が嫌なのを口臭というわかりやすいものに置き換えて嫌だと思う理由にしているのかな、とも思いました。

      おぉ、なるほど・・・
      確かにもっと根っこの部分で拒否している可能性がありますね。
      こちらこそ気づきのあるコメント有難うございました(^^)

  2. morimori(もりえ) より:

    私も、つい笑ってしまいました♪
    うん、タイさんがコメントされたように、理由付けだと思います。
    たとえば、夫婦仲が険悪な場合、そばを通られるだけでもイヤ!なんて状況があります。
    同じ空間にいるだけで息詰まる感じ(経験談)
    いまは程よい距離感でいい関係が築けていますが(笑

    • 平田真義 より:

      morimori(もりえ)さん
      コメント有難うございます!
      やはり、他者を拒否した感情は、物理的にも距離をとりたくなるんですね…
      >いまは程よい距離感でいい関係が築けていますが(笑
      おぉ、今は良好なんですね。。
      それは何よりも良いですね(^^)

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「心のものさし」で、距離感を測ってみる

「自分が正しい」という気持ちを相手に無理やり押し付けてしまうと… こんにちは。 「対人距離の専門家」・平田真義です。 「自分が正しい」 と思うことは悪い事ではないです。 むしろ、自分を持っ …

必要以上に部下を叱る、パワハラ上司との距離感とは?

在職中時代、上司からよく叱られていました(^_^;) 僕がミスをしたのだから、叱られるのは当たり前であり仕方のないことだと思っていました。 その反面、「ちょっと叱りすぎではないのかな?」 という疑問を …

部下を尊重した叱り方とは?

部下を教育していくうえで「叱る」は大切な行為です。 しかし、「叱る」が行き過ぎて、上司の感情をもろに部下にぶつけてしまう行為が、すなわち「パワハラ」だと感じます。 部下が「パワハラ」と捉えてしまうと、 …

ストップ!人に注意する前に、「環境改善」を考えてみましょう

こんにちは。 「対人距離の専門家」・平田真義です。 人に対してイライラ・モヤモヤする時、ありますよね? そんな時、口頭で注意するのも気が引ける。 しかし、言いたい! で、言ったら言ったで口調が強すぎて …

口下手必見!上司の意見にうなずくだけで信頼される理由

好かれる人の特徴のひとつに「聴き上手」があります。 上司は「聴く耳を持つ」で程よい距離感になる  怒られて凹んでしまうアラサーキャリアのため…  6 users上司は …

【対談動画】

【無料メールマガジン】

「対人距離の測り方」で、苦手な相手と上手につき合える秘訣をお伝えします

【対人距離の専門家がご相談を承ります】



平田 真義 (土地家屋調査士・心理カウンセラー)

「人と人との距離感」「対人における縄張り争い」をテーマに、人間関係における不平不満を上手に解消する方法をお伝えし、自分も相手も責めない、ありのままの感情を受け入れ、他者に対する執着からも解放されて、笑顔あふれる人を増やしていくことが、僕のミッションです。

アメブロ【人との「距離感」で自分を見つめる~対人距離の専門家のつぶやき】