理不尽上司に言いたいことが言えるようになるための対人距離の測り方

良好なコミュニケーションのキモは「程よい距離感」です。人と人との境界線を明確にして心穏やかに。内気な人のためのコミュニケーション術。

距離感

「一期一会」が理想的で程よい距離感

2017/01/23

「一期一会」とは...
一生に一度だけの機会。生涯に一度限りであること。
生涯に一回しかないと考えて、そのことに専念する意。
もと茶道の心得を表した語で、どの茶会でも一生に一度のものと心得て、
主客ともに誠意を尽くすべきことをいう。
「goo辞書より」

「今」は二度とない!

「一期一会」という言葉を改めて調べてみると深い言葉だなぁ、感じます。
「今」は一度しかない!
二度と訪れない!
と読み取れます。
そのように聞いたら、今お会いしている方々とは奇跡なのかもしれませんね。

常に「初対面」の気持ちが程よい距離感

人づきあいは、時間が経つにつれて相手との距離感が近づいていきます。
近づきすぎて「甘え」の感情が出やすくなり、相手は自分のために満たしてくれなければならない、と考えがちになってしまいます。
そうなると、相手を尊重していない不快な距離感になってしまいます。

そうなる前に思い出してほしいのは、
「初対面」の時です。

今身近にいる仲の良い友人、ご主人、奥様とは初対面の際、どのように接していたでしょうか?
いきなり馴れ馴れしい関係ではなく、徐々に距離を縮めていき現在に至っているはずです。
相手を尊重しながら上手に駆け引きしながら距離を縮めていったんだと思います。

常に「初対面」という相手を配慮した思考になると、コミュニケーションも「程よい」になりますね。

まとめ

「親しき仲にも礼儀あり」
という言葉がありますが、親しい人ほどコミュニケーションに注意が必要であります。
現に、人間関係の悩みは、常に身近な人が対象です。
なので、身近な人ほど毎日が「一期一会」の気持ちで接すると、
心地よく程よい距離感で過ごせるので、持続したコミュニケーションが取れるワケなんですね。

一度しかない「今」を感じて、毎日が「一期一会」で程よい距離感を♪

ブログランキングに参加中♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村


自己啓発書 ブログランキングへ

無料メールマガジン

 

5日間無料メールマガジン
【測量技師が教える、「苦手な人」「ムカつく人」との距離の取り方 】



 

-距離感