怒られて凹んでしまうアラサーキャリアのための、無駄に怒られない方法

人には「心地よい」と感じる距離があります。良好なコミュニケーションのキモは「距離感」です。程よい距離感で心穏やかに。パワハラ上司から抜け出す方法。

なわばり

土地の「なわばり」と、こころの「なわばり」(パーソナルスペース)

投稿日:2016年11月30日 更新日:

こんにちは。
「対人距離の専門家」・平田真義です。

太古の時代より「なわばり争い」はありました。
土地は耕作を行うための「命の源」であり、「生きるための基礎」だからです。
時代が変わっても「なわばり争い」は終わりません。
戦国時代もそうですし、今なお終わらない戦争も、根底には「領土」の問題が絡んでいます。

そんな「なわばり」について考えていきたいと思います。

対人距離を保つことができますか?

土地のなわばりとは、
お隣さんとの境界線で囲まれた範囲のことです。

こころのなわばりとは、
「パーソナルスペース」のことです。

「パーソナルスペース」とは、
個人個人が持っている目には見えない「なわばり」のことです。
満員電車を「不快」と感じる人は多いですが、
これは、自分のパーソナルスペース(なわばり)に他人が侵入しているからです。

つまり、対人距離が近い!
ってことです。

アメリカの学者、エドワード・ホールによると、
知らない人同士が会話するのに適正な距離は
「1m20cm~2m」ほど保つ必要があるそうです。

土地のなわばりと、こころのなわばり(パーソナルスペース)は同じ

「対人距離を保つ」とは
「相手のなわばりを尊重している」
ということです。

と、同時に、
「自分のなわばりも主張している」
ということです。

これは、「土地」にもいえることです。

「相手の土地のなわばりを尊重している」とは「自分の土地のなわばりを主張している」
ってことなんです。

測量業務を行っていて感じることがあります。
それは、お隣さんと土地境界線で揉めてしまうのは
「感情」が大きく占めるケースが多いのです。

実際に「嫌がらせ」を受けたり
嫌がらせではないのに、「嫌がらせだ!」と捉えてしまう勘違いだったり…

相隣同士の「パーソナルスペース」、つまり
こころの「なわばり」も侵害し合っている
ってことなんですね。

まとめ

僕が思う「なわばり」とは
自分も他人も尊重することができる距離感です!!
お互いに快適な距離感を保ち、争いのない健全なライフスタイルを構築して頂きたく願っております。

 

無料メールマガジン

 

5日間無料メールマガジン
【測量技師が教える、「苦手な人」「ムカつく人」との距離の取り方 】



 

-なわばり

執筆者:

関連記事

「ポジティブになろう!」がしんどい理由

10年ほど前… 僕は測量会社をクビ同然で退職し、仕方なく独立開業した経緯があります。 コネも金もない状態で開業したものですから、どうやって顧客開拓していってよいかわからなかったわけです。 …

「快適ななわばり」か「不快ななわばり」か? 住環境が人を変える!?

こんにちは。 「対人距離の専門家」・平田真義です。 今回は、古くなった建物を建て替えをした地主さんの変貌ぶりに、平田自身がビックリしたお話をさせて頂きます。 「劇的ビフォーアフター」というテレビ番組を …

高級車すぎる隣人から学ぶ「他人軸」という恐怖への行動

かなり前の話ですが、 都内郊外の測量現場をやらせて頂きました。 依頼者の敷地の東側の隣人がいつも留守でした。 土地境界線が接しているため、 隣人にも確認して頂ければなりません。 で、隣人の不動産をパッ …

心に「余裕」がある人は自分軸!心の余白が「ゴミ屋敷」にならないために…

こんにちは。 「対人距離の専門家」・平田真義です。 このブログでも何度か書いている心の余裕。 測量技師が思う、心の「余裕」とは何なのか? 土地の「なわばり」と、こころの「なわばり」(パーソナルスペース …

人間関係が上手くいっていない人は、知らないうちに「なわばり」を侵している!?

  こんにちは。対人距離の専門家、平田真義です。 測量の仕事でお隣さんの「愚痴」をよくお聞かせ頂く場面に遭遇します。 「あの人はゴミ出しのルールが守られていないからイライラする」 「あの人の …

【対談動画】

【無料メールマガジン】

「対人距離の測り方」で、苦手な相手と上手につき合える秘訣をお伝えします

【対人距離の専門家がご相談を承ります】



平田 真義 (土地家屋調査士・心理カウンセラー)

「人と人との距離感」「対人における縄張り争い」をテーマに、人間関係における不平不満を上手に解消する方法をお伝えし、自分も相手も責めない、ありのままの感情を受け入れ、他者に対する執着からも解放されて、笑顔あふれる人を増やしていくことが、僕のミッションです。

アメブロ【人との「距離感」で自分を見つめる~対人距離の専門家のつぶやき】