嫌われたくない

人から嫌われている と思っている人の特徴

投稿日:

「私は嫌われている」と思っている人は、数々の証拠を集めます。
・あいさつしてくれなかった
・今日は素っ気なかった
・無視された
・「いいね」がなかった

証拠を集めて、そろったところで
「私は嫌われている」
と自ら判断を下しちゃっています。

つまり、執拗に相手を「監視」しちゃっているんですよね~
無意識に…

「相手は私を好きでなければならない」の呪縛

結局、こういうことだと感じます。
相手を監視しているので、相手のリアクションに超敏感なんですね(^_^;)
「あなたは私を好きでいるべき」
と決めつけてしまっている。
なので、「嫌われた」と感じると、とたんに感情が騒ぎ出します。
それは
「怖い」なのか
「みじめ」なのか
「悲しい」なのか
ザワザワとした信号を受信します。

「なんで私を嫌いになったの?」
と相手を責め
「なんで私は嫌われてしまったんだろう…」
と自分を責めます。

「足りない私」にフォーカスしている

実は、僕も「嫌われたくない」が強い人でした(^_^;)
やはり、証拠を集めて相手を監視していました。
・あの人からあいさつしてくれなかった、かわいそうな僕…
・今日のあの人は素っ気なかったと思ってしまった、かわいそうな僕…
・無視されてしまった、かわいそうな僕…
・「いいね」がなかった、かわいそうな僕…

「足りない」「満たされない」「怖い」「孤独だ」
と対人恐怖にさいなまれていました。

でも、これって単純なことで「足りない」に焦点が当たっていたんですね。
だって、
あいさつしてくれる人は他にもいるし、
僕を尊重してくれる人もいるし
いつも話しかけてくれる人もいるし
「いいね」をクリックしてくれる人もいる。

9割の人から満たされた行為をして頂いているのに、
たった1割の行為に対して、全力で監視していたことに気づいたんです。

僕は足りていたんです。
そこに目が向けられずに、ほんの一握りの人からの「嫌われてしまった…」にビクビクしていたんですね。

嫌われてしまった理由なんてわからないもの

「嫌われている」と思っている人は
「何で嫌われてしまったんだろう…」
と考えがちですが、それをチクチク考えてしまうのは、心に不健全です。
だって、嫌いになる理由なんてあなたに対して面と向かって言えませんもの(笑)

例えば、
あなたがすごく嫌いな人「Aさん」がいるとします。
Aさんの欠点はすごい「体臭」だとします。
で、Aさんに嫌いな理由、言えますか?
気を使って自然に距離を置いた方がお互いのためってこともある気がします。

まとめ

対人において、好きなポイント、嫌いなポイントは千差万別できりがありません。
自分の欠点が相手に受け入れられるかどうかなんて、実はわからないのです。
わからない人同士、距離を詰めたり縮めたりすることができるのが、健全な人間関係だと思います。

とにかく、「嫌われてしまった」と思っても自分を責めない。
あなたは嫌われていない。
ただ、フォーカスが間違っているだけです。

みんなから好かれているところに目線を振って、そこに焦点を当てて良好で程よい距離感を♪

ブログランキングに参加中♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村


自己啓発書 ブログランキングへ

無料メールマガジン

 

5日間無料メールマガジン
【測量技師が教える、「苦手な人」「ムカつく人」との距離の取り方 】



 

-嫌われたくない

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「嫌われたくない」を辞めると、好感度が増す距離感になる

「ご近所の人に挨拶をしても無視される」 「ママ友から避けられている気がする」 「近所から嫌われている気がする」 周りの人と上手につき合っていきたいが、なかなか馴染めず悩んでしまう人が多いです。 今回は …

「嫌われたくない」を辞めれば程よい距離感になる

「嫌われたくない」と悩む人が実に多いです。 書籍「嫌われる勇気」がベストセラーになり、ドラマ化されるくらいなので、 一般的に「嫌われている」「嫌われたくない」ということについて知りたい方も多いのかと思 …

【対談動画】

【無料メールマガジン】

「対人距離の測り方」で、苦手な相手と上手につき合える秘訣をお伝えします

【対人距離の専門家がご相談を承ります】



平田 真義 (土地家屋調査士・心理カウンセラー)

「人と人との距離感」「対人における縄張り争い」をテーマに、人間関係における不平不満を上手に解消する方法をお伝えし、自分も相手も責めない、ありのままの感情を受け入れ、他者に対する執着からも解放されて、笑顔あふれる人を増やしていくことが、僕のミッションです。

アメブロ【人との「距離感」で自分を見つめる~対人距離の専門家のつぶやき】