言いたいことが言えるようになるための対人距離の測り方

良好なコミュニケーションのキモは「程よい距離感」です。人と人との境界線を明確にして心穏やかに。内気な人のためのコミュニケーション術。

距離感

必要以上に部下を叱る、パワハラ上司との距離感とは?

2017/03/20

在職中時代、上司からよく叱られていました(^_^;)
僕がミスをしたのだから、叱られるのは当たり前であり仕方のないことだと思っていました。
その反面、「ちょっと叱りすぎではないのかな?」
という疑問を当時抱いていたことも事実です。

なぜ、上司は部下を必要以上に叱責してしまうのか?
そこに迫ってみたいと思います。

上司も過去にひどく叱られた経験がある

部下に対して必要以上に厳しく叱ってしまう上司の特徴は、
「自分に自信がない人」と言えます。

この上司も過去に目上の方から厳しく叱られた経験があり、
そこで心に傷がついてしまいコンプレックスが形成されてしまった。
「叱る」という行為はこういうものだ!
と学習し、上司の立場となった今、
部下に対して過去に学んだ「叱る」を体現している、
ということが言えます。

俺も若いころ、お前と同じようなミスをしたときこっぴどく叱られた。
だから俺もお前を叱る。
そうしないと、「ずるい」から。
若いころの俺がかわいそうだから。

といった心理が働いているワケです。

上司は部下に対して「憂さ晴らし」をしていた!?

もっと簡単に言うと、上司は部下を相手に「憂さ晴らし」をしているということです。
これは心理学的には「投影」とう自己防衛機制の一種で、
本当は上司に問題があるのに、目の前の部下にその問題があると思い込んでしまい、
無意識的に部下にその問題を押し付けてしまうことです。

なので、上司に限らず、クレーマーやモンスターペアレント、
怒りっぽい身近な人、すぐキレる人などは、
過去に傷ついたコンプレックスから自分の中の「ルール」「常識」が形成され、
目の前に「ルール無視」「非常識」な人が出現した際、ムカっとなるワケです。

上司も部下も、お互いの「長所」に意識を向けてみる

職場の人間関係において、出来る限り健全なお付き合い、
良好なコミュニケーションのもと皆さんと接していきたいものです。
「嫌悪感」渦巻く空間で仕事をしていても、仕事自体のパフォーマンスも
低下しますし、何より心身ともに良くありません。

そこで、良好な関係を構築するには、相手の嫌いなところではなく
「好きなところ」を見つけていくのが最善です。

人は他者を嫌いになってしまうと、そこばかりフォーカスしてしまいます。
どんなに嫌いな人でも、必ずひとつやふたつは良い点があります。
その人の「良い点」に意識すると考え方も変化していきます。

例えば、「必要以上に叱ってばっかりの上司」と思っていたけど、
裏を返せば「僕を必要以上に心配してくれていたんだな」と思うこともできます。

僕自身の欠点は「才能」でもあると気づいた

以前の職場で、僕の嫌いな上司がいました。
すぐに叱り飛ばすので、どうしても好きになれませんでした。
しかし、今考えるとそれだけ気にかけてくれていたんだと考えることができます。

また、後輩からもバカにされていると思い込んでいました。
でも、それって実は「僕には親しみやすさがある」と捉えることもできるんですよね。

マイナスに捉えてしまった僕自身の教訓です。
「良い点」としてみれば、欠点も素晴らしい「素質」「才能」だったりします。
そこに気づいた時には、僕自身の「ルール」「常識」のフレーム・なわばりの小ささに衝撃が走ったと同時に、
フレームをぶち破った世界が、目の前の世界がブワーっと広がったイメージで、清々しい気持ちになりました。

まとめ

僕なりの「対人における心理学の解釈」って
自分の都合の良いように解釈すること!
だと思っています。

なので、僕の言っていることもブレている部分も自覚しているし、
そんな捉え方で良いのかしら?
と疑っている部分も常にあります。

要は、自分を責めないような心穏やかな気持ちになれば良いなぁ、
と思っています。
これがこのブログを書く一番の目的です。

上司も部下も、お互いに好意的に接して良好で程よい距離感を♪

ブログランキングに参加中♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村


自己啓発書 ブログランキングへ

無料メールマガジン

 

5日間無料メールマガジン
【測量技師が教える、「苦手な人」「ムカつく人」との距離の取り方 】



 

-距離感