なわばり

異様に広すぎる住環境にこだわった末の寂しさとは

投稿日:

開業して間もないころ、おばあちゃんが1人で暮らしている土地を測量させて頂きました。
都内でしたが、180坪の広い土地に、おばあちゃん一人暮らし。
家もすごく大きく、確か7LDKだったと記憶しています。
誰もが羨む広い家、広い敷地。
しかし、おばあちゃんは寂しそうでした。

広すぎる住環境がストレスになる

僕が測量作業でちょくちょくお邪魔すると必ずお茶やお菓子などを出してくれるんです。
で、僕がそのお茶菓子を頂いている際、僕に向かって
おばあちゃんのおしゃべりがとまらないんです。

子供の話、孫の話、亡くなったご主人の話、ご近所の話、
戦争時代の悲惨な話などを、延々と喋り続けるのでした。
1時間は平気で喋っていたなぁ…

ホントに寂しいんだろうなぁ…と感じました。

昔は家族みんなで暮らしていた家。
娘が結婚し家を出て行き、
息子も結婚し家を出て行き、
ご主人も他界し、一人ぼっち…

残ったのは、おばあちゃんと、広すぎるスペース…

幸せな空間とは
狭すぎても、広すぎても良くない。

「程よく」
がベストなんですね。

程よい広さの住環境がベスト

後日談
おばあちゃんはこの物件を売りました。
現在3棟建物が建っていて、見ず知らずの方々が暮らしています。

おばあちゃんは、物件を売ったお金で近くのマンションに引っ越したそうです。
「今度のマンションはオートロックなので空き巣に怯えなくてホッとしてるのよ~」
と言っていました。

おばあちゃんにとっては、広すぎる土地も「ストレス」だったんだなぁ
と思った瞬間でした。

「苦労して建てた主人の家を頑なに所有し続ける」という執着

「苦労して建てた主人の家を頑なに所有し続ける」
それも理解できますが、
今現在快適ではないスペースを持っていても、それがストレスの原因だとしたら本末転倒です。

つまり「執着」です。
「私が家を所有し続けなければならない」という執着。
楽になる方法は「手放す」。
執着を「手放す」。

このおばあちゃんは見事に「手放した」んですね。
そしてストレスから解放されたのでした。

まとめ

住環境は快適に過ごせることに越したことはありません。
ですので、家族構成やライフスタイルが変化した際に、
住空間の見直しも必要だと感じています。

住み慣れた空間でも、変化に伴い見合わなくなる、ということであります。

自分に見合った広さの住環境で、幸せなライフスタイルを♪

ブログランキングに参加中♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
にほんブログ村


自己啓発書 ブログランキングへ

無料メールマガジン

 

5日間無料メールマガジン
【測量技師が教える、「苦手な人」「ムカつく人」との距離の取り方 】



 

-なわばり

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

人間関係が上手くいっていない人は、知らないうちに「なわばり」を侵している!?

  こんにちは。対人距離の専門家、平田真義です。 測量の仕事でお隣さんの「愚痴」をよくお聞かせ頂く場面に遭遇します。 「あの人はゴミ出しのルールが守られていないからイライラする」 「あの人の …

嫌いな人を引き寄せてしまうのは、自分の「なわばり」が曖昧なため!?

私の周りには、なぜイヤな人ばかりが集まるのだろう? なぜ自分は嫌いな上司から怒られてばかりなのだろう? そのように感じてしまう人も少なくないと思います。 僕もその一人でした… 結論から言い …

測量技師が思う、心の「余裕」とは何なのか?

こんにちは。 「対人距離の専門家」・平田真義です。 心に「余裕」がないと、イライラしたり、焦ったり、怒りっぽくなったりします。 その結果、ミスしたり、他人に迷惑をかけたり、自分自身が妙に空回りしてしま …

手放すと入ってくる。大掃除はスペースを作る作業

今年も残すところあと1日。 大掃除はもうお済ですか? まだの方は、是非おすすめですよ。 なぜなら、大掃除は幸運を引き寄せます。 その理由は、手放すと入ってくるからです。 つまり循環ですね。 余白に幸運 …

「ポジティブになろう!」がしんどい理由

10年ほど前… 僕は測量会社をクビ同然で退職し、仕方なく独立開業した経緯があります。 コネも金もない状態で開業したものですから、どうやって顧客開拓していってよいかわからなかったわけです。 …

【対談動画】

【無料メールマガジン】

「対人距離の測り方」で、苦手な相手と上手につき合える秘訣をお伝えします

【対人距離の専門家がご相談を承ります】



平田 真義 (土地家屋調査士・心理カウンセラー)

「人と人との距離感」「対人における縄張り争い」をテーマに、人間関係における不平不満を上手に解消する方法をお伝えし、自分も相手も責めない、ありのままの感情を受け入れ、他者に対する執着からも解放されて、笑顔あふれる人を増やしていくことが、僕のミッションです。

アメブロ【人との「距離感」で自分を見つめる~対人距離の専門家のつぶやき】