距離感

パワハラ上司から怒られなくなるたった1つの方法とは?

投稿日:2017年3月12日 更新日:

僕は上司にさんざん怒られていました。
上司だけではなく、幼少期より、親、先生、友達、先輩、同僚、部下、妻、子、
身近な人たちによく怒られていました。

はっきりと申しますと、僕は怒られるのが大嫌いです!
なのに、なんで周りの人たちは僕に対してしつこく怒るのか?
理解不能だったのですが、ようやくその謎が解けました。

今回は、「怒られる」にフォーカスしたいと思います。

先に答えを言いましょう。
他人から怒られなくなるたった1つの方法とは?

ずばり「怒られてもいい」とあきらめることです(笑)

「怒られてもいい」とあきらめれば良いんだ!
と最近気づいたんですね。

今までの僕は「他人から怒られてはならない!」「失敗は厳禁だ!」と自分を責めていました。
理由は簡単で「怖い」からです。
怒られること、叱られることが嫌いな理由は「怖い」から…
怖いので当然のように「萎縮」もしてしまう。
そうすると、のびのびとした自分ではいられなくなり、さらに失敗を重ねてしまった挙句、それ以上に再び怒られたり…
そんな悪循環の経験が、たくさんありました。

で、自分を責めると、他人からも責められてしまうんですね。

自分が自分のダメ出しをする。
それって、他者からすると、すごくいじめたくなるのです。
だって、自分を責めているから、他者だって責めたくなるでしょ。。

なので、怒られたくない!と、ものすごく頑張れば頑張るほど、実は他者から怒られてしまう、ってことなんですね。

なぜ頑なに「怒られたくない」の呪縛になってしまったのか?

「怒られたくない」という思考は、昔、親などにひどく怒られた経験から心が傷ついてしまい、
その時の感情を無意識に封印してしまった結果、今になっても、他者から怒られると、
その時の味わいたくないイヤな感情がザワザワっと蘇ってくるのです。

僕も幼少期、母から暴行を受けた記憶があります。
これも最近気づいた事実ですが、これがいわゆる「トラウマ」となって、
大人になってもサラリーマン時代の上司が僕に近づいただけですごく怖かったんですね。
目上の人との物理的な距離間隔が近いだけで、何か知らないけど、ザワザワっとイヤな気持ちになっていました。
そんな対人恐怖があったんです。

(次のページ「怒られたくないの呪縛から解放される方法は?」に続きます)

> 続きを読む 

-距離感

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

他者を気にしすぎて「ありのまま」でいられない理由

上司の顔色をうかがいながら遂行する仕事。 夫の機嫌を気にしながら接している奥さん。 お母さんに怒られないように注意を払っている子供。 他者を気にしすぎて自分を殺す、「ありのまま」でいられない状況って何 …

激しいクレームにも対処できる程よい距離感とは?

測量の仕事は、測量当該地の近隣の方々にお願いをして土地境界線を確認していただく業務も行っています。 ご近所同士、良好なお付き合いの方たちばかりではないので、近所の方々の不平不満を数多く聴くことになるワ …

『相手の「心」の問題まで所有する必要は無い』と思うと、程よい距離感になる

こんにちは。 「対人距離の専門家」・平田真義です。 嫌なことを相手に断れない… 嫌なことを相手に伝えられない… って、どういうことなのか? そこを今回は考えてみたいと思います。 …

「思い通りにならない」が距離感を測れない理由となっている!?

クレーマーやモンスターペアレントが増えている話は良く耳にします。 個々の詳しい事情はわかりませんが、 他人に対して怒りを爆発させる背景とは何なのか? 考えてみたいと思います。 「便利」とは人に対して良 …

ストップ!人に注意する前に、「環境改善」を考えてみましょう

こんにちは。 「対人距離の専門家」・平田真義です。 人に対してイライラ・モヤモヤする時、ありますよね? そんな時、口頭で注意するのも気が引ける。 しかし、言いたい! で、言ったら言ったで口調が強すぎて …

【対談動画】

【無料メールマガジン】

「対人距離の測り方」で、苦手な相手と上手につき合える秘訣をお伝えします

【対人距離の専門家がご相談を承ります】



平田 真義 (土地家屋調査士・心理カウンセラー)

「人と人との距離感」「対人における縄張り争い」をテーマに、人間関係における不平不満を上手に解消する方法をお伝えし、自分も相手も責めない、ありのままの感情を受け入れ、他者に対する執着からも解放されて、笑顔あふれる人を増やしていくことが、僕のミッションです。

アメブロ【人との「距離感」で自分を見つめる~対人距離の専門家のつぶやき】