言いたいことが言えるようになるための対人距離の測り方

良好なコミュニケーションのキモは「程よい距離感」です。人と人との境界線を明確にして心穏やかに。内気な人のためのコミュニケーション術。

なわばり

ご近所から知らない間に嫌われてしまう特徴【独り占めしていませんか?】

2016/12/21

こんにちは。
「対人距離の専門家」・平田真義です。
今回は、他人のスペースを知らず知らずにのうちに侵害してしまっている結果、
知らず知らずのうちにご近所から嫌われてしまう、そんなお話です。

ジャイアン的思考「お前のモノはオレのモノ、オレのモノはオレのモノ」になっていませんか?

「みんなのもの」ってありますよね?
例えば、電車の座席とか、公園のベンチ、道路もそうなのかも...
厳密にいうと、電車の座席は鉄道会社のもの、公園や道路は自治体のものですが...

それらを利用する場合、通常、限られたスペースを利用するのが鉄則です。
例えば、電車の座席だったら、7人掛けに7人が座れるような利用をする。
道路は決められた場所以外で、路上駐車はしてはいけない。

つまり、みんなのスペースを「独り占め」していませんか?
ってことなんです。

「みんなのモノ」を私物化すると、近所から嫌われる!?

マンションやアパートにお伺いさせて頂くことも多いのですが、
目につくのは、共用部分を私物化している方がすごく多いなぁ...
ということです。

共用部分とは、エントランスや外廊下、階段などの、みんなが利用するスペースのことです。
そのような、みんなのスペースに、個人のモノが置いてある場面を見かけます。

例えば、エントランス部分に自転車や原付が置いてあったり、
外廊下に植木鉢が置いてあったり...

もちろん、便利だし、キレイだけど、それはその方の「価値観」であります。
もし、知らずに置いてしまっていたら、そこから撤退しましょう。

なぜなら共用部分は居住者みんなのものなので、
一部分のスペースを私物化してしまうのは、
相手を尊重していない ということが言えます。

と、同時に、相手に不快感を与えてしまう...
ってことなんです。

つまり、知らず知らずのうちにご近所から嫌われてしまうパターンのひとつなんですよ...

まとめ

僕は、「快適なスペース」を重要視しています。
飛行機のファーストクラスでも、グリーン車のような電車の指定席でも、
快適なスペースだからお金がかかるくらい、価値があるものだと思っています。

なので、相手を尊重できる、自分のなわばり、スペースを大切にして頂きたいと思う今日この頃です。

 

無料メールマガジン

 

5日間無料メールマガジン
【測量技師が教える、「苦手な人」「ムカつく人」との距離の取り方 】



 

-なわばり