エッセイ

そもそも人間はダメなもんなんだ

投稿日:2017年3月16日 更新日:

今は亡き、落語家「立川談志」が好きでした。
僕はテレビ、特にバラエティ番組が大好きでして、
小学生の頃、漫才ブームの際の「ツービート」を見て
ビートたけしのファンになりました。

そのビートたけしや爆笑問題が崇拝しているのが「立川談志」と聞いて、
談志師匠の高座を見に行ったことが何度かありました。

談志師匠は落語もすごいのですが、僕が一番好きなのは「マクラ」でした。
「マクラ」とは、簡単に言うと落語の演目に入る前のフリートークです。

すごく面白くて、平気で放送禁止用語を言うし、
そうかと言ったら、政治の時事問題を独自の視点で切っていくすごい分析眼を披露したり…
粋な小噺や、オシャレで洋風なブラックジョークも披露してくれました。

その中で、今でも忘れられない「名言」を仰っておられました。

【酒が人間をダメにするんじゃない。酒とは、人間がダメなモンなのだと確認するために存在する】

この言葉を最初に聞いたとき、

「あぁ、僕はダメでいいんだ!」

とすごく救われた気持ちになりました。
すごく温かい言葉と受け取ったんですね。
人も酒も愛する優しい言葉だなぁと…

僕は「人間は完璧でなければならない」と思っていた。

それは、親や先生からの価値観の教育によりそう思い込んでいたのだと思う。
なので、「失敗はしてはいけないもの!」と信じ込んでいました。

でも、これって、自分を追い込んでいたんですよね…
自分で自分の首を絞めていた…
完璧な人間なんているわけがないのに、
完璧でなければならない、と思っていたので、
些細なミスにも過剰に反応していた。

そうなると、自分を責めるワケです。
他者から見るとたいしたことないのに、自分はそのミスを許せない。
一人で空回り…

で、最悪なのは、一人で空回りしているだけのはずなのに、
「被害者」を装おうとしてしまう。
そうなると、「加害者」が必要となる。

で、身近な加害者を見つけては
「あいつにあんなひどいことをされた」
と悲劇のヒロインキャラに憑依する。
みんなに同意を求めるも嫌われる。
孤独感に苛まれる、という負のスパイラル…

自分を責めると、非常識な他者も責めたくなる。
理由は簡単で、「ずるい」と思うから。

あんなに非常識な事をやるなんて許せない。
あんなに儲けて許せない
あんなに幸せそうで許せない
あんなに楽して許せない

こっちは苦労して、頑張って、失敗を許さず、ルールに乗っ取って、常識的に一生懸命頑張った。

しかし、目の前のあなたは

ラクして、遊んで、失敗にも平気で、ルール無視で、非常識で楽しんでいる。

だから許せない!!

でも、実は、あなたが羨ましい。
これが本音。
僕も、あなたみたいに非常識(ありのまま)で生きて行きたかっただけだった。

完璧な人間なんているの?
完璧を装う人間はいっぱいいるよね。

人間なんてそもそもダメなもの。
そう自分で自分を認めてあげられる人が、存在価値の高い人だと思う。

自分への攻撃を一時休戦。
「私は完璧でなくてもいい」
「失敗してもいい」
「怒られてもいい」
「嫌われてもいい」
と、受け止めてしまう。

それが、「心の余裕」のはじまりです。

「心に余裕」ができれば、苦手な人との心の対人距離も程よくなります。

自分を許して心穏やかに♪

おまけ

立川談志師匠は、初代笑点司会者です。
で、10年くらい前に「談志の遺言」というラジオ番組を良く聴いておりました。
番組内で「俺とお前の笑点」というリスナー参加型の大喜利があったんです。
よく投稿しておりまして、何度か採用されて師匠に読まれたことがあります。
僕の採用されたネタがyoutubeで見つけたので、アップいたします。

お題は「アソコの新しい呼び名を考えよう」
8:57くらいからです。
一応「ハードM」というラジオネームで投稿したのですが、
師匠に僕の苗字を読まれてしまい放送されちゃいました。。

「言葉」「着眼点」で遊ぼうよ。それが大喜利です(笑)

————————————————————————–

毎日のようにさんざん怒られてきた測量技師が教える
怒られてすぐに凹んでしまうアラサーキャリアのための
90日で「怒られる勇気」と「萎縮しない自分」と「笑顔」が手に入れられる!
お手伝いをしています(^^)

ブログランキングに参加中♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代 自分らしさへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村


自己啓発書 ブログランキングへ

無料メールマガジン

 

5日間無料メールマガジン
【測量技師が教える、「苦手な人」「ムカつく人」との距離の取り方 】



 

-エッセイ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした

【対談動画】

【無料メールマガジン】

「対人距離の測り方」で、苦手な相手と上手につき合える秘訣をお伝えします

【対人距離の専門家がご相談を承ります】



平田 真義 (土地家屋調査士・心理カウンセラー)

「人と人との距離感」「対人における縄張り争い」をテーマに、人間関係における不平不満を上手に解消する方法をお伝えし、自分も相手も責めない、ありのままの感情を受け入れ、他者に対する執着からも解放されて、笑顔あふれる人を増やしていくことが、僕のミッションです。

アメブロ【人との「距離感」で自分を見つめる~対人距離の専門家のつぶやき】