住環境専門カウンセラー 平田真義です

prof2

コミュニケーションを重視し、サービスの更なる向上に努めます。

平田真義プロフィール

平田真義(ひらたまさよし)
平田登記測量事務所代表。土地家屋調査士。測量士補。
日本メンタルヘルス協会公認心理カウンセラー。
日本電磁波協会認定1級電磁波測定士。
アーシングセラピスト。

土地家屋調査士という測量技師の仕事に従事。20代の頃は宝飾品の修理職人をしていたが、会社が倒産したことをきっかけに「地図が好き」という単純な理由で測量技師を目指す。

人見知り、小心者、コミュニケーション下手、雇用主との不仲など、失敗ばかりの修業時代を経て独立。

2006年に測量事務所を立ち上げるも、いきなり仕事があるわけでもなく、業務とは全く関係ないアルバイトや、放送作家の仕事をしながら家計を助ける(情けない...)。

業務依頼が増えはじめると、相隣との境界線を確認していく作業の中、ご近所同士の不仲、不平不満等に完全に飲み込まれてしまい、どんどん自分自身を見失っていく感覚に陥る。

相隣と自分自身のコミュニケーション術をマスターするには「心理学を学ぶしかない!」と考えつき、顧問企業数が日本一を誇るカウセリング団体「日本メンタルヘルス協会」で学び、同協会公認心理カウンセラー資格を取得。
人間性を中心とした心理学を学び、相隣関係者との土地境界確認業務に取り入れる。

測量業界で約20年。延べ1,000人以上の不動産を測量し、累計20,000枚以上の土地・建物に関する境界線の測量図面を調査、作成。

2017年秋ごろの「太陽フレア」のニュースで「電磁波」のことを知り、
『住環境を取り巻く「電磁波」というノイズが、住人の健康や心理的な影響を与えている』と確信し、身体に帯電した電気をアーシングによって放電する「アーシングセラピー」を広めている。

現在、土地の測量、電磁波を測定、アーシングセラピーの啓蒙により、快適に過ごすことができる住環境づくりのお手伝いをさせて頂いている。

書籍『「ケータイ国盗り合戦」 公式ガイドブック』(扶桑社)執筆・地図編集に協力。

 

平田 真義 Masayoshi Hirata

東京土地家屋調査士会 登録番号第7787号
民間紛争解決代理関係業務 認定番号第203026号

2018/03/22