対人距離の専門家 平田真義です

prof2

コミュニケーションを重視し、サービスの更なる向上に努めます。

平田真義プロフィール

平田真義(ひらたまさよし)
平田登記測量事務所代表。土地家屋調査士。測量士補。
日本メンタルヘルス協会公認心理カウンセラー。
土地家屋調査士という測量技師の仕事をしています。20代の頃は宝飾品の修理職人をしていましたが、会社が倒産したことをきっかけに「地図が好き」という単純な理由で測量技師を目指しました。

人見知り、小心者、コミュニケーション下手、雇用主との不仲など、失敗ばかりの修業時代を経て独立。

測量事務所を立ち上げるも、いきなり仕事があるわけでもなく、業務とは全く関係ないアルバイトや、放送作家の仕事をしながら家計を助けました(情けない…)。

業務依頼が増えはじめると、相隣との境界線を確認していく作業の中、ご近所同士の不仲、不平不満等に完全に飲み込まれてしまい、どんどん自分自身を見失っていく感覚に陥る。

相隣と自分自身のコミュニケーション術をマスターするには「心理学を学ぶしかない!」と考えつき、顧問企業数が日本一を誇るカウセリング団体「日本メンタルヘルス協会」で学び、日本メンタルヘルス協会公認心理カウンセラー資格を取得。
人間性を中心とした心理学を学び、相隣関係者との土地境界確認業務に取り入れる。

延べ1,000人以上の不動産を測量し、累計20,000枚以上の土地・建物に関する境界線の測量図面を調査、作成。
現在、不動産の境界線測量業務を中心に、表示に関する登記の専門家として、また「不動産も測り、人間関係の距離感も測れるような測量技師」を目指し、奮闘中。
書籍『「ケータイ国盗り合戦」 公式ガイドブック』(扶桑社)執筆・地図編集に協力しました。

平田 真義 Masayoshi Hirata

東京土地家屋調査士会 登録番号第7787号
民間紛争解決代理関係業務 認定番号第203026号

投稿日:2016年11月29日 更新日:

執筆者:

【対談動画】

【無料メールマガジン】

「対人距離の測り方」で、苦手な相手と上手につき合える秘訣をお伝えします

【対人距離の専門家がご相談を承ります】



平田 真義 (土地家屋調査士・心理カウンセラー)

「人と人との距離感」「対人における縄張り争い」をテーマに、人間関係における不平不満を上手に解消する方法をお伝えし、自分も相手も責めない、ありのままの感情を受け入れ、他者に対する執着からも解放されて、笑顔あふれる人を増やしていくことが、僕のミッションです。

アメブロ【人との「距離感」で自分を見つめる~対人距離の専門家のつぶやき】